【2022】新車で購入できるマニュアル(MT)軽自動車の一覧とおすすめ車種

新車で購入できるMT軽自動車の一覧とおすすめ車種|難しいけど面白い!

乗れる人数は少なくて非力だけど、税金・維持費が安くて手軽な軽自動車

近年は軽自動車の需要が多く、とても多くの車種がラインナップされています。

運転を楽しみたいあなた、絶対にMT車が良いと探してみたらきっと、困りましたよね?

そう、たくさんの車種があるのに、MT車の種類が少なのです。

このページでは、MTの設定がある軽自動車が一覧で分かります

その中でも、MT車を楽しむコツとおすすめの3車種についても紹介いたします!

このページの内容
  • 軽MT車18車種(+1)を一覧で紹介!
  • 軽MT車の魅力とより楽しむために
  • 軽MT車のおすすめ3選!

【2022年版】新車で買える人気のマニュアル(MT)普通車の一覧
4WD マニュアル車(MT車)の新車おすすめ一覧

マニュアル車(MT車)を買って後悔しないためには!?

  • Webから複数メーカーの車種を無料比較
  • 煩雑な支払総額・諸費用がわかる
  • マイページで価格交渉も可能
  • 全国の3,000ディーラーが加盟
無料MOTAで新車見積もりimg border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www16.a8.net/0.gif?a8mat=3N3P5C+6QWVLE+L4+1BUE6A” alt=””
MOTA新車見積もりサービスなら、Webから全国の新車販売店からすぐに見積もり
希望内容を入力するだけ!

軽自動車 マニュア(MT)新車で購入できる一覧

メーカー車種トランス
ミッション
価格グレードその他
スズキジムニー5MT1,555,400〜全グレード
ワゴンR5MT1,217,700〜FX
エブリィ5MT991,100〜全グレード
キャリイ5MT752,400〜全グレード
ダイハツコペン5MT1,910,700〜全グレード
ハイゼットトラック5MT902,000〜全グレード
ハイゼットカーゴ5MT1,155,000〜クルーズ、デラックス、スペシャル、デッキバンL
ホンダN-ONE6MT1,998,000~RS
N-VAN6MT1,276,000~G, L, +STYLE FUN
S6606MT2031700~全グレード(2022年3月で販売終了)
トヨタピクシストラック5MT1,127,500~スタンダード“農用スペシャル”ダイハツOEM
スバルサンバートラック5MT968,000~全グレードダイハツOEM
サンバーワゴン5MT1,045,000~全グレードダイハツOEM
日産NT100クリッパー5MT928,400~GX、DXスズキOEM
NV100クリッパー5MT1,090,100~GX、DXスズキOEM
マツダスクラムトラック5MT882,200~全グレードスズキOEM
スクラムバン5MT991,100~全グレードスズキOEM
三菱ミニキャブトラック5MT925,100〜全グレードスズキOEM
ミニキャブバン5MT1,035,100〜MスズキOEM

スズキ

ジムニー

スズキ ジムニーは大人気の軽オフローダー!

1970年から、代替わりを経て現在も変わらぬ人気を誇っています。

強固なラダーフレーム構造に四輪駆動を組み合わせた、軽ながらも本格派です。

また、普通乗用車タイプのジムニーシエラもMTの設定があります。

ワゴンR

軽トールワゴンの元祖と言っても過言ではないワゴンR。

軽自動車ながらも車内空間を贅沢に取った、軽の革命的モデルです。

この車の登場が、各社ともトールワゴンを開発したきっかけとなりました。

エブリイ(商用車)

スズキ エブリイは1964年に発売したキャリイバンを元祖とした軽ワゴンタイプの商用車です。

荷室の広さを重視したこのモデルは、マツダへはスクラム、日産にはNV100クリッパー、三菱にはミニキャブバンとしてOEM供給されています。

ちなみに乗用タイプのエブリイワゴンにはMTの設定はありません。

キャリイ(商用車)

軽トラの定番のひとつ、スズキ キャリイは現在のスズキの車種の中では最も古くからあるモデルです。

ダンプタイプや、座席部分が後方に広く取られたスーパーキャリイもあります。

こちらもエブリイと同様、マツダ、日産、三菱にOEM供給されています。

ダイハツ

コペン

現在、唯一とも言える軽スポーツカーのコペンは、その外観から4種類存在します。

  • Robe
  • セロ
  • エクスプレイ
  • GRスポーツ

好みにあわせてデザインを選ぶことができる贅沢な車です。

ハイゼットトラック(商用車)

仕事に欠かせない軽トラのもうひとつの定番、ハイゼットトラック

こちらも座席を広く取った”ジャンボ”やダンプトラックモデルもあります。

また、先進の安全装備やスマートナビなど、最新の技術も取り入れられた軽トラです。

ハイゼットカーゴ

ハイゼットカーゴは荷室の長さ・幅・高さのサイズが軽バンの中でNo.1です。

快適に仕事をするために、優れた積載性と積み下ろしやすさが追求されています。

また、後部の荷室がデッキになった”デッキバン”のモデルも人気です。

ホンダ

N-ONE

2011年に発売されたN-BOXを先駆けに、ホンダNシリーズの中でも一際個性的なスタイリングをしたN-ONE

ホンダ初の軽自動車、“N360”をモチーフにした「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」をコンセプトにした車です。

N-VAN(商用車)

ホンダNシリーズの第5段で初の商用車のN-VANは、軽商用車の「新しい姿」を目指して開発されました。

それまで販売されていた、アクティバンやバモスモビオの実質的な後継車でもあります。

他の商用車にはないセンターピラーレス構造と、センタータンクレイアウトによる低床化のため、たちに大きい荷室を実現しています。

S660(2022年3月発売終了)

S660(エスロクロクマル)は、ミッドシップレイアウトの二人乗りオープンスポーツ。

1996年に販売を終了したビート以来、約19年ぶりに復活した軽規格の2シーターオープンスポーツカーです。

惜しいことに、2022年3月に販売終了したため、純粋な新車を購入することはできません。しかし、新古車といった状態のいい車はまだまだならあるでしょう。

その他

トヨタ・日産・マツダ・スバル・三菱には、軽トラ及び軽バン以外にMT車はありません。

また、軽トラ・軽バンについても、スズキ及びダイハツのOEM車のため、実質オリジナルのMT車はありません。

  • ダイハツOEM
    • トヨタ
    • スバル
  • スズキのOEM
    • 日産
    • マツダ
    • 三菱

トヨタ・スバル・マツダに関しては、軽自動車は全てOEMです。

頭金なし・月々定額で乗るなら車のサブスク!

マニュアル(MT)軽自動車をおすすめする一番の理由は楽しくて面白いから!

なぜ、軽MT車を選ぶのか。その理由を考えてみましょう。

軽マニュアル(MT)車の魅力!

  • 軽MT車は個性派揃い
  • 軽い車体重量ゆえの軽快な走り
  • 非力を逆手にエンジンをぶん回せる
  • 意外と豊富なカスタマイズパーツ

軽MT車は個性派揃い

かなり少なくなったとは言え、今のところは現行車種でも選べる軽MT車は、スポーツモデルやSUVも選ぶことができます。

商用バン・軽トラックはまだまだ現役の第一線です。

また、外車には日本の軽自動車のような規格はなく、まさに日本だけの特別な車なのです。

軽い車体重量ゆえの軽快な走り

軽自動車はボディやエンジンが小さいこともあり、普通車に比べるとかなり軽量。

800kg程度の車もあります。

軽いとそれだけハンドル操作も軽快で、人馬一体の乗り心地を実現してくれます!

非力を逆手にエンジンをぶん回せる

軽自動車のエンジンは660ccしかありません。
それ故に、かなり非力なのは否めません。

踏んでも踏んでも加速しません。

でも逆に考えてみてください。それだけ、全開でアクセルを踏めるのです。

普通車でアクセル全開は怖くてできませんが、軽自動車なら余裕です。

もちろん、交通ルールは守りましょう!

意外と豊富なカスタマイズパーツ

言うまでもなく、軽自動車は人気カテゴリーです。

そのため、各社アフターパーツが非常に揃っています。

もちろん、カスタマイズにATもMTもありませんから、一緒に楽しむことができますよ!

軽自動車 MT新車おすすめの車種はジムニー・コペン・N-ONE

種類は多くない軽自動車MTですから、車種を絞り込むのはそんなに難しくありません。

まずは下の「軽MT車の選び方」を参考にしてみてください。

軽マニュアル(MT)車の選び方

  • 走行性能と燃費のバランスを重視
     → N-ONE
  • 快適さと積載性を重視
     → ワゴンR
  • スポーツ走行を楽しむ
     → コペン
  • ソロキャンプや悪路を走る
     → ジムニー
  • とにかく積載性を重視
     → 軽トラ、軽バン

この中でも、特におすすめの3台について、詳しく紹介いたします。

スズキ ジムニー

価格1,804,000 円~
エンジンR06A型 658cc 直3ターボ
駆動方式パートタイム4WD
最大出力47kW[64PS]/6,000rpm
最大トルク96Nm[9.8kgf/m]/3,500rpm
全長(mm)3,395
全幅(mm)1,475
全高(mm)1,725
重量(kg)1,040
燃費16.6km/L(WLTCモード)

ジムニーは他の軽自動車にはない、本格派のオフローダー!

ラダーフレーム構造で強固でラフな使用にもたえられます。

また、アフターパーツもたくさん販売されており、他の人とは違う個性的なカスタマイズも可能です。う

ソロキャンパーにも人気で、キャンプ芸人のヒロシも愛用しています。

ダイハツ コペン

価格1,888,700 円~
エンジンKF型 658cc 直3ターボ
駆動方式2WD(FF)
最大出力47kW[64PS]/6,400rpm
最大トルク92Nm[9.4kgf/m]/3,200rpm
全長(mm)3,395
全幅(mm)1,475
全高(mm)1,280
重量(kg)850
燃費18.6km/L(WLTCモード)

現在入手できる唯一の軽スポーツカーのコペンもおすすめです。

2代目のLA400K型は、フルオープンカーであるにも関わらず、特殊なフレーム構造で強固な剛性を実現。
また、ボディ外板の一部を樹脂化し着脱が可能な構造になりました。そのため、購入後でも好きなタイミングで着せ替えが楽しめるようになりました。

着せ替え可能パーツ

  • ボンネットフード
  • トランクフード
  • バンパー(フロント/リア)
  • フェンダー(フロント/リア, 左右)
  • ロッカー(左右)
  • フューエルリッドの樹脂外板
  • ヘッドランプ・リアコンビランプ

走りだけでなく、手軽なデコレーションを楽しめるのも魅力の車です。

ホンダ N-ONE

価格1,998,000 円~
エンジンS07B型 658cc 直3ターボ
駆動方式2WD(FF)
最大出力47kW[64PS]/6,000rpm
最大トルク104Nm[10.6kgf/m]/2,600rpm
全長(mm)3,315
全幅(mm)1,475
全高(mm)1,545
重量(kg)840
燃費21.6km/L(WLTCモード)

ホンダ NシリーズのMT車に共通していることですが、N-ONEは軽なのに6速MTが搭載されています!

他のメーカーにはない、1番の特徴と言えるでしょう。

また、RSグレードに関しては、パワートレーンは軽スポーツのS660のものが流用されており、パワフルなターボエンジンが心臓部に積まれています。

重心は高めですが、スポーツ走行も十分楽しめる一台です。

気軽にマニュアル車(MT車)を楽しめる軽MT車を買うなら今しかない!

運転が大好きな人には根強い人気を誇るMT車。しかし近年ではスポーツカーであってもAT車のみのモデルも多く、MT車の数は年々減少しています

さらにEVや燃料電池車などのモーター駆動車ではMTやATといったギヤが無いのも一般的です。

今の状況を考えると、これからさらにMT車の数が減っていくでしょう

なら、MT車に乗るなら今しかない!

ぜひ、今しか楽しめないことを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました