デメリットがやばい?車のサブスク・カーリースの仕組み|こんな人におすすめ

【車のサブスク】仕組みとメリットデメリット|カーリースとの違い

車を持ちたいけど、最近の車は高い!
でも中古は嫌だ!
メンテナンスとかめんどくせぇ!

車のサブスクとかカーリースってのが良いらしい。

そんなあなたにはは月々一定の料金で、車検やメンテナンス費用もコミコミになった車のサブスクがおすすめです!

でも仕組みがよく分かんないよね…

誰か教えておくれよ!

オッケー

車のサブスク仕組み、メリット・デメリットを解説するよ!

この記事の内容
  • 『車のサブスク』『カーリース』の仕組み
  • 購入・レンタカー・カーシェアとの違い
  • 所有するのと比較した時の、メリット・デメリット
  • 『車のサブスク』『カーリース』がおすすめできる人

車のサブスク・カーリースの仕組み

車のサブスクリプションのモデル

ところで、車のサブスクとかカーリースって、どんなサービスなの?

月々定額で車を利用できるサービスだよ。

税金とかメンテナンス費用も込みになってて、面倒が少ないのが魅力だね。

初期費用として大金を用意する必要もないのも嬉しいよね。

車のサブスク・カーリースの概要

車を購入すると、購入費用に加えて手数料や税金が必要になります。

さらに、所有し続ければ税金・車検・メンテナンスと、その度にお金を支払う必要があります。

しかし、車のサブスクやカーリースでは多くの場合、それらの費用が利用料に含まれています。
そのため、都度大金を準備する必要がなくなり、家計管理がしやすくなります。

車のサブスク・カーリースの維持費のイメージ

関連記事:買うのとサブスク、どっちがお得?車の維持費から考えてみよう!

レンタカー・カーシェアとの違い

じゃあ、レンタカーとかカーシェアとは何が違うの?

"車を借りて乗る"って言う点では一緒。

でも違うところもいっぱいあるんだよ。

車のサブスク・カーリースとレンタカー、カーシェアの違いをまとめると、このようになります。

  • サブスク・リースやレンタカー、カーシェアは、”車を借りて"乗る方式
  • サブスク・リースは年単位の契約
    所有しているのと同じように使える
  • レンタカーは半日〜数日、カーシェアは数時間からの利用
    一時的に借りる方式
車を購入するのと、借りる方法による違い
項目購入サブスク・リースレンタカーカーシェア
利用期間無制限年単位日単位数時間〜日単位
費用一括orローン月極め利用日数単位利用時間単位
税金・自賠責購入者負担利用料に含まれる不要不要
車検・メンテナンス購入者負担利用料に含まれる
(プランにもよる)
不要不要
車の名義所有者・使用者ともに購入者
(ローンの場合:所有者はローン会社)
所有者:リース会社
使用者:利用者
所有者・使用者:
サービス業者
所有者・使用者:
サービス業者・個人
車種選択自由取扱車種から選択クラスから選択限定される
ナンバー自由自由「わ」「れ」ナンバー「わ」「れ」ナンバー
(個人所有者はそれ以外)

うん、大体分かったよ。

じゃあ、車のサブスク・カーリースについて教えてよ。

車のサブスクとカーリースのメリット・デメリット

やっぱり、車のサブスクってお得なの?

メリットはたくさん有るけど、デメリットもあるよ。

ちゃんと理解して利用するのが大事!

メリット
デメリット
  • 初期費用がかからない
  • 支払い額がずっと一定
  • 税金・諸費用込みで分かりやすい
  • 短いサイクルで車を乗り換えやすい
  • 「わ」・「れ」以外の普通ナンバーで利用できる
  • 契約期間は中途解約ができない(解約金が必要)
  • 契約するためには審査が必要
  • 残価精算のリスクがある
  • 走行距離制限がある
  • 改造・カスタマイズに制限がある
  • 車が自分のものにならない
  • 支払い総額が高くなる可能性がある

サービスの内容によって、他にもメリット・デメリットがあるよ。

車のサブスク・カーリースのメリット

  • 初期費用がかからない
  • 支払い額がずっと一定
  • 税金・諸費用込みで分かりやすい
  • 短いサイクルで車を乗り換えやすい
  • 「わ」・「れ」以外の普通ナンバーで利用できる

初期費用がかからない

車のサブスク・カーリースは、車の購入(現金・ローン)と違って初期費用ゼロで乗り始められます。

支払い額がずっと一定

契約期間中はずっと定額です。税金・車検・メンテナンス含めて月額に含まれています
サービスによってはオプション扱いとなっている場合があるので、注意が必要です。

税金・諸費用込みで分かりやすい

利用料に税金・諸費用が含まれていますので、追加で必要なコストが駐車場代やガソリン代くらいです。非常に分かりやすい構造になっています。

短いサイクルで車を乗り換えやすい

契約は3年〜7年が多く、そのサイクルに合わせて乗り換えることができます。
乗り換える際にも手続きや手数料が必要ありませんので、新車を短いサイクルで乗り換えることができます。

「わ」・「れ」以外の普通ナンバーで利用できる

車のサブスク・カーリースは自家用車扱いになります。そのため、借りている車ではありますが、レンタカー用の「わ」「れ」ナンバーではありません。
周りの目も気になりません。

車のサブスク・カーリースのデメリット

  • 契約期間は中途解約ができない(解約金が必要)
  • 契約するためには審査が必要
  • 残価精算のリスクがある
  • 走行距離制限がある
  • 改造・カスタマイズに制限がある
  • 車が自分のものにならない
  • 支払い総額が高くなる可能性がある

契約期間は中途解約ができない(解約金が必要)

契約の際に契約年数を決める必要があります。
契約期間中に解約するには、割高な中途解約金を支払う必要があります。

海外転勤や、利用者に不幸があった際には解約が可能な場合はあります。
また、『KINTO』や『リースナブル』では、中途解約が可能となるプランもありますので、チェックしてみましょう。

契約するためには審査が必要

車のサブスク・カーリースを契約する際には、審査に申し込み、通過する必要があります。
月々のリース料を払い続けられるか、事前に確認をされるわけです。

特に、主婦など安定した収入のない人は、家族名義で契約するなどの対策が必要です。

関連記事:カーリースの審査の仕組みと通過するための心がけ

残価精算のリスクがある

契約満了時に車を返却することとなります。その際に、車の状態が悪く、想定していた価値が残っていないとその差額が請求されることになります。

残価設定の責任が自分にある、オープンエンド型の契約の場合は特に気をつけましょう。

関連記事:残価とオープンエンド方式・クローズエンド方式

走行距離制限がある

多くの場合、ひと月の走行距離に制限があります。サービスによってまちまちですが、500〜1,500kmと決められています。
返却時に設定した距離を超えていると、1km当たりいくらと言う形で追加精算が必要となります。

MOTAカーリース』のように、上限のないサービスもあります。

改造・カスタマイズに制限がある

基本的に、契約満了後は車を返却することになります。その際、経年劣化は別として、元の状態で返却することが求められます。
こちらも、守らなければ復帰費用が追加精算となります。

一方で、『MOTAカーリース』では、カスタマイズに制限がありません。

車が自分のものにならない

車のサブスク・カーリースはあくまで、"車を借りて乗る"スタイル
ステータスとして車の所有にこだわる人には向いていません。

契約満了後となりますが、最終的に車がもらえるサービスとして、『定額カルモくん』や『MOTAカーリース』などが挙げられます。

支払い総額が高くなる可能性がある

車両価格にリースとしての手数料や金利がのっかります。
そのため、"同じ車を購入して同じ年数乗ったあとに売却した"場合と比較して総額が高くなる場合があります。

その分、保証は手厚くなることも事実です。

車のサブスク・カーリースはこんな人におすすめ!

結局、どんな人に向いているの?

車のサブスク・カーリースに向く人

  • 頭金なしで車に乗りたい人
  • 月々の家計管理を楽にしたい人
  • カスタマイズに興味がなく、車は乗れればいい人
  • 車の面倒な手続きやメンテナンスを全て任せたい人

もちろん、向いていない人もいるよ…

以下のような人は、車のサブスク・カーリースの利用は控えた方が良いでしょう。

  • 仕事や通勤などで走行距離が多い人
  • 車をカスタムしたい人
  • 一台の車に長くなりたい人
  • ライフステージの変化が読めない人

このような人は、デメリットの影響が大きいため、おすすめできません。

車のサブスク・カーリースの検討をしてみよう!

今回は、車のサブスク・カーリースの仕組みとメリット・デメリットを中心に解説しました。

サービスの比較についてもまとめていますので、ぜひこれを参考に、検討してみてください。

車のサブスク・カーリースの仕組み、サービス比較まとめ

ところで、「車のサブスク」と「カーリース」って、何が違うの…?

ぶっちゃけ変わらんから、気にする必要ないんやで。

タイトルとURLをコピーしました