【途中解約OK】リースナブルの仕組みや審査、メリット・デメリット|カーリース 

家計を考えると、とにかく安く車に乗りたいわ。

なら、業界最安値を謳ってる『リースナブル』はどうだろう?

むむ… 最安値ですって?

たしかに安いで!

でも、自分にあってるかどうが一番大事や。

どんなサービスか確認してこな!

この記事で紹介するのは、『リースナブル』です。
このカーリースの特徴は、とにかく利用金額が安い!節約指向が強い人におすすめのサービスです。
今回は、リースナブルの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます!

この記事はこんな人におすすめ
  • 自分に向いた、カーリース会社をさがしている
  • 『リーズナブル』について知りたい
  • 最安値の車のサブスク・カーリースを探している

【カーリース】リースナブルの特徴と仕組み

リースナブルは、株式会社三和サービスが提供する、カーリースです。
リースナブルは、リセールバリューの高い車を中心に扱っています。それにより、リース終了後の車両価値を高め、安価な利用料金を実現しています。

リーズナブルの選べる3プランと2つの期間

リースナブルでは、付帯するオプションによって3プランから選ぶことができます。

  • エコノミープラン
  • ベーシックプラン
  • パーフェクトプラン

エコノミープランはオプションが最低限、パーフェクトプランはフルオプションです(車種によっては2プランの場合あり)。

リースナブルのサイトに書いてある月額は、基本的に別にボーナス払いがある場合の値段です。

また、リース期間は2種類です。

  • 3年
  • 5年

新しい車に乗り換えながら利用したい人は3年、もう少し余裕が欲しい人は5年など、自分に合った利用の仕方をすればいいでしょう。

リース期間が短いから、あんまりゴリゴリにオプション付けなくてもいいと思うんだ。

それよりも、リースナブルのメリットの、安く利用できるようにしたいよね。

リースナブルのメンテナンスプランについて

リースナブルの通常プランには、車検以外のメンテナンスは付いていません。そのかわり、メンテナンスプランが用意されています。
メンテナンスプランは、月額に2,200円、あるいは3,300円追加することで、日常のメンテナンスから、点検まで追加で受けることができます。

  標準  シンプルプランコミコミプラン
初期費用0円0円0円
税金・車検0円0円0円
6か月点検××
法定12か月点検×
オイル交換×〇(12か月ごと)〇(6か月ごと)
エレメント交換×〇(12か月ごと)〇(12か月ごと)
バッテリー、フィルター等交換××〇(車検時)
追加料金2,200円/月3,300円/月

やっぱり、メンテナンスもしっかりしないといけないわよね。

メンテナンスプランにも入っておいた方がいいのかしら…?

正直に話すと、リースナブルは3年、5年のプランしかないから、普通に乗ってればそんなに消耗しないんよ。

だからわざわざ入らなくても、自分で定期的にメンテナンスできればそっちの方がいいよ!

業界最安カーリース
リースナブル

【カーリース】リースナブルのメリット・デメリット

車のサブスク・カーリースのメリット・デメリット

安いのには理由があるんじゃないの?

ちょっと不安だわ。

じゃあ、ちゃんとメリットとデメリットを確認しておこう。

自分に合ってるかどうか事前に知っておくのは大切なことだよ。

業界最安を自負するリースナブルですが、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか?
簡単にまとめたのがコチラです!

メリット
デメリット
  • 頭金・登録料・税金・車検費用がコミコミ
  • 残価設定ありで月額利用料が安い
  • リースナブル独自の車両割引がつく
  • メーカー保証5年
  • 途中解約が可能
  • 審査に通過しやすいプランもある
  • 走行可能距離が750km/月と少ない
  • 任意保険は別途加入が必要
  • 選べる車種・グレードが少ない
  • 3年・5年の短期リースのみ

それぞれ、詳しく見ていこか!

リースナブルのメリット

頭金・登録料・税金・車検費用がコミコミ
他のサブスクやカーリースも同様の場合が多いですが、上記費用は月額に入っています。追加で支払う必要がありません。

オイルやタイヤ交換といったメンテナンス費用も含まれているプランもあるで!

残価設定ありで月額が安い
リースナブルは残価設定ありのクローズエンド方式のカーリースです。
契約満了後、車を返却しなければいけません。その代わり、その時の車の残存価値を差し引いた上で料金設定がされています。
サブスク・カーリースの使用料のイメージ

クローズエンドって何?と言う方はコチラの記事へ!

リースナブル独自の車両割引がつく
リースナブルが車両を仕入れているため、利用者が購入する場合と比較して安く仕入れることができます。
そのため、元の車両の値段が抑えられる=割引かことができるというわけですね。
車両が5年保証
リースナブルは5年間のメーカーによる車両保証が標準でついています。正規ディーラーによる保証が受けられるので安心です。
途中解約が可能
リースナブルは契約期間中の途中解約や乗り換えが可能です。普通のサブスクやカーリースではこれができません。

途中解約は追加料金が発生する場合があります

審査に通りやすい自社リースプランがある
東名阪限定で、選べる車種がかなり限定されますが、リースナブルには自社リースプランというものがあります。

リースナブルが在庫している車両からリースされるため、納車までも早く、保証もバッチリです。

とは言え、通常のリースプランとは条件が違うから注意してね。

リーズナブルのデメリット

走行可能距離が750km/月と少ない
カーリースは、走行距離の制限がある場合がほとんどです。他社は月当たり1,000kmや、1,500kmと言う設定が多いですが、リースナブルは750km/月となっています。
そのため、通勤に車を使っているような、月当たりの走行距離が多い人には向かないでしょう。
任意保険は別途加入が必要
リースナブルのプランには、任意保険が含まれていません。そのため、別途自分で契約する必要があるので、注意が必要です。

自賠責保険は料金に含まれています

選べる車種が限定的
リースナブルで借りることができるのは、各メーカー合わせて、48車種ほどです。

他のサービスでは、国内ほとんどの車種が借りられる場合も多いため、リースナブルは多いとは言えません。

外車も利用できへんで

3年・5年と短期リースのプランしかない
リースナブルのリース期間は、3年と5年の2種類しかありません。逆に言うと、短い期間で新車に乗り換えて行きたい人にはピッタリかもしれませんね。

リースナブルは、ある程度選択肢が絞られる代わりに安くリースできるイメージやな!

3年・5年後のリースナブル契約満了時はどうなるの?

契約期間が終わるとどうなるの?

3通りから選べるよ!

リースナブル契約満了時の選択肢

  • 新車に乗り換える
  • 買い取る(現金orローン)
  • 返却する

契約満了時の取り扱い

リースナブルの契約(3年後・5年後)の選択肢は以上の3通りとなりますが、ポイントとなるのは『残価』です。

サブスク・カーリースの使用料のイメージ

乗り換える場合

使用した車の価値が、設定された残価以上の価値が残っていれば、そのまま新車に乗り換えることができます。

新たに審査をして、リースナブルと契約し直せば完了です。

買い取る場合

こちらはシンプルに、契約満了時に残価分を支払えばオッケーです。

ただし、消費税、リサイクル料金や取得税、名義変更手数料などが別途必要になる場合があります。

返却する場合

使用した車の価値が、設定された残価以上の価値が残っていれば、そのまま返却して完了となります。

残価っていくら?

残念ながら、リースナブルのWebサイトには残価についての情報は掲載されていません。

そのかわり、審査を終えて契約書を交わすときには残価を知った上で契約することができるのでご安心ください。

リーズナブルで審査・見積もりする

リースナブルは本当に安いのかシミュレーション!

リーズナブルは本当に安いのか?|カーリース費用の比較

業界最安って言うけど、本当なのかしら?

試しに、比較してみたよ。

あくまで一例だから注意してね。

さて、リースナブルは本当に安いのでしょうか?
購入する場合と、他の車のサブスクである、『KINTO』と比較してみました!

  • 車種:トヨタ VOXY(ヴォクシー)
  • グレード:S-G 2.0L 2WD(7人乗り)
  • オプション等は加味しない、標準仕様
  • ボーナス払いなし
  • 契約期間:5年
購入の場合リーズナブルKINTO
本体費用3,390,000
利用月額41,80052,580
初期費用100,000不要不要
自動車税(年額)36,000不要不要
車検50,000不要不要
重量税(車検時)32,800不要不要
自賠責(車検時)20,100不要不要
メンテナンス自費(30,000円/年)自費(30,000円/年)不要
任意保険料自費(50,000円/年)自費(50,000円/年)不要
合計費用4,172,9002,908,0003,154,800
下取り価格950,000

むむ… たしかに安くなったわね…

保険の契約や、メンテナンスをこだわれば、もう少し安く抑えられそうだね!

【カーリース】審査の仕組み|不安な人は自社リースナブル

リースナブル|審査のイメージ

試しに申し込んでみたいけど、審査に通ったらもう契約しないといけないわよね…?

いやいや、審査が通った後に契約だから、審査完了時点ではまだ考え直すことできるよ。

カーリースを利用するためには、まず最初に、審査に合格する必要があります。
リースナブルの審査はどのような流れで進むのでしょうか?

他社を含めた審査全般について知りたいなら↓

リースナブルの審査・契約の流れ

リースナブルの契約を考えているかたは、ひとまず審査をおこなってみましょう!
車のサブスク・カーリースの場合、基本的に審査を通過した後に契約するかどうかを決められます。そのため、契約を完了するまでは中止することもできるんですね。

申し込みから納車まで
  1. クルマ選びと見積もり
  2. 公式HPから審査申し込み
  3. 審査
      ↓↓↓審査合格の場合
  4. 契約書類の作成・提出
  5. 契約
  6. 車庫証明・車両登録
  7. 納車

まだ迷ってる段階でも大丈夫なのね!

業界最安カーリース
リースナブル

審査に落ちたことがあったり、不安な人は自社リースナブルもあり?

審査に落ちたわ…

専業主婦だと、連帯保証人がいないと厳しいかも…

最後の手段的ではあるんやけど…

リースナブルには、自社リースというのがあるんや。これなら審査に受かりやすいみたいやで。

"審査に落ちた""審査が不安"と言う方に向けて、リーナブルでは自社リースプランが用意されています!
通常のリースと比較して若干割高となりますが、それでも価格・保証の点で安心なリースプランとなっています。

選択肢のひとつとして、頭の中に置いておこう。

【まとめ】リースナブルが向いているのはこんな人!

結局、リースナブルはどんな人に向いているの?

ここまでの話を総合すると、リースナブルに向いている人、不向きな人は以下のようにまとめられます。

向いている人
向いていない人
  • 短いサイクルで新車に乗りたいひと
  • 子供の人数、年齢に合わせて車を変えたい"ファミリー層"
  • 走行距離の少ない、"ホリデードライバー"
  • 通勤や趣味で、たくさん車に乗る人
  • 一つの車に長く乗りたい人
  • 保険料の高い"若者"

一番大事なのは、購入や他のサブスク・リース含めて、自分に向いているのは何かということを見極めることです。
どんな車に乗りたいか、どんなふうに乗りたいかをもう一度よく、考えてみましょう!

業界最安カーリース
リースナブル
車のサブスク・カーリースのメリット・デメリット

保険料が高くなりがちな若年層は、保険料もコミコミの『KINTO』がおすすめ!

タイトルとURLをコピーしました